一眼レフの単焦点レンズっぽい感じを出すにはiPhoneアプリAfterFocusの操作が簡単でいいよ

IMG 2524

AfterFocus App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥85

こんにちは!中学時代は柔道部の他に写真部にも在籍していた、ろびっちです。

ブログをやっていて、僕のお気に入りのグッズを紹介したい時に写真を載せようと思いますが、特にスタジオを持っている訳では無いので、床に置いてiPhoneで写真を撮ってます。

でも、これではなんか味気ない。味気ないとブログを読んでくださる方々にその良さが伝わらないのでは。これを解決してくれるいいアプリは無いかなぁ、っといつものように思案しながらネットサーフィンをしているといいアプリがありました。

「紹介したいグッズに焦点を当てて、周りをボカせばいいんじゃん!」と考え、それを実現してくれるiPhoneアプリAfterFocusを使ってみました。

その昔、写真部員として少し写真のことをかじり、「被写界深度」ってのに出会いました。レンズの絞りを開けると光を多く取り込むので、シャッタースピードは短くていいのですが、この被写界深度が浅くなり、前面に焦点を合わせると奥がボケる。絞りを閉めるとその逆です。

このアプリAfterFocusはこの「焦点が合う。ボケる」感じを写真加工の効果としてやってしまおうというものです。

早速使ってみましょう

先日紹介したお気に入りのKEENのサンダル。この写真をグッと来るように加工してみましょう!

IMG 2502

アプリを立ち上げ、カメラロールから加工したい写真を呼び出します。もちろんアプリを使って新たに写真を撮影することも出来ます。

右上の「筆」のマークのボタンで2つの加工モードを選ぶことができます。「Smart」と「Manual」ですが、今日は簡単な「Smart」モードで説明します。

IMG 2607

先ずは左下の「Focus」ボタンを押したあと、焦点を当てたい部分をざっくりと選びます。すると一旦画面全体が赤くなります。赤くなったところが焦点が当たっている部分です。

IMG 2600

次に「Background」を押して、ボカしたい部分を選びます。すると、画面の赤い部分が減っていきます。ある程度アプリが判断してくれており、この判断が実に優秀!

スゴく簡単に、焦点を当てる範囲とボカす範囲の設定ができます。

IMG 2601

「Pan & Zoom」を使ってサイズを拡大しながら、細部の修正を行ないましょう。

IMG 2602

範囲の選択が終われば、あとは「Blur」でボケ具合の強さを調整します。

IMG 2604

Instagram風のFilterも用意されています。

IMG 2605

あとはフロッピーディスクマークを押せばカメラロールに保存出来ます。

どうです!グッとくるでしょう!まるでサンダルが箱ごと宙に浮いているようです。

アプリから完成した写真をTwItterやFacebook、FlickerやInstagramなどの各種SNSで公開することもできます。

IMG 2606

作品を少しご紹介

サンダル同様にお気に入りのKEENのウォーキングシューズも空飛ぶ感じに仕上がりました。

IMG 2505

ワルのりして相棒のロビンの「大股開き爆睡ショット」を加工してみましたが、これはあまりどうってことありませんね。「注目!」って感じにはなっていると思います。

IMG 2509

こちらが、お気に入りの1枚。

サンマルクカフェで涼んでいた時に撮影して加工しましたが、どうです?アイスコーヒーが飲みたくなったでしょう?

IMG 2523

最後に

まあ、いいカメラををもっていなくてもそこそこ遊べるアプリってあるんですね。

写真の加工アプリっていうと結構設定とか範囲指定とかがメンドクサイんじゃないって思いがちですが、このAfterFocusはとにかく簡単に使うことができるので、是非一度使ってみてください。

今日紹介したアプリ

AfterFocus App
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥85

1 Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です