どこにいても集中できるBOSEのQuietComfort 15はスゲーヘッドホンだよ

IMG 1631

こんにちは!ボウズ頭にBOSEの、ろびっちです。

さて、今から30年前、高校に入学して初めてオーディオコンポを買ってもらって、僕は洋楽や邦楽にのめりこんでいきました。

同時にハードウェアにも興味を持ち、当時雑誌で見たスピーカー「BOSE 901」に惹かれたことを覚えてます。

スピーカーというものは聴く人間のほうを向いてるものですが、この「BOSE 901」は後ろに何個もスピーカーがついていて、どうやら壁に反射させて聴くらしいのです。

でも当時から何十万円もして、やっとこさコンポを手にした僕には親に「これ買って!」とも言えず、雑誌でニヤニヤするだけの存在でした。それが僕とBOSEの出会いでした。

僕が手に入れたBOSEはヘッドホン

それからずいぶんと時間が経った今から半年前、ようやく妻に頼んでBOSEを手に入れることが出来ました。

手に入れたのは「QuietComfort 15」というヘッドホン。ノイズリダクション機能が付いており、頭に装着してスイッチを入れると、きれいに雑音を消し去ってくれます。

といっても、完全に無音になる訳ではなく、近くの人の話し声などは、小さくはなりますが聞こえます。

飛行機のエンジン音を消してくれるので、移動中の騒音からオサラバ、みたいな売りで各航空会社に採用されているようですが、残念ながら僕は全く飛行機には乗りません。

でも、電車やバスの騒音の多くをカットしてくれます。どれだけ僕たちは騒音の中に暮らしてるのだろうと気付かせてくれます。

最初に最寄りの駅で装着したときは、まだ慣れていないので、通勤客でごった返す駅のホームが無音になって不安になった覚えがあります。

結構静かになるし、スタンドアローンで使えるので、うるさい場所で読書などをするには便利です。でも、電車の中などで集中しすぎて乗り過ごしたりしないように注意が必要です。

ブログを書くのに必要なアイテム

音がいいのか?と聞かれると、他を知らないので、いいとしか答えられません。一旦、外部の騒音を遮断するので、極めてiPodなどのプレーヤーから流れてくる音のみを聴いてることになるのでしょうが、とてもいい音です。それに大音量にしなくてもいいということもあるでしょう。

いくらインイヤータイプのイヤホンを使っても、通勤電車でJazzを聴くのは大変でしたけど、これなら「So What」のマイルス・デイビスのミュートもしっかり聴けます。

最近、僕はリビングでドラマを観る妻の横や、フクダ電子アリーナでジェフの試合開始を待つ間に、集中してブログネタを考えたり、書いたりするのに使ってます。

5万円弱もして少々お高いアイテムですが、いつでも静寂が作れる凄いヤツです。

ちょっとだけウィークポイントを。これはヘッドホン全般に言えることでしょうが、これから夏本番になりますが、外でQuietComfort 15を使用するとなるとツライ状況になります。耳を覆うタイプのため、大変ムレるのでご注意を!

あと、電車やバスの騒音などは小さく消してくれますが、人の声は聞こえる仕様のようなので、女子高生やオバさんのはしゃぎ声は聞こえてきます。それにムカついてヘッドホンをしているのを忘れて「うるせぇな!」と口走らないようご注意を!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です