Google Adsenseをブログに導入するにあたり、プラグイン選びで右往左往したよ

Wordpress logo notext rgb

こんにちは!日々記事を投稿することで文章が上手くなるよう精進中の、ろびっちです。

少し前の話ですが、当ブログも開始から1ヶ月が過ぎ、そろそろマネタイズのことも考えてもいいのかなと考え、Google Adsenseの申請をしました。

既にGoogleにブログがインデックスされているのでしょう。スムーズに申請を終え、実際にタグを記事に挿入し、広告を表示することで最終審査を行うという段になりました。

ブロガーであれば、Google Adsenseはみんなが使っているので、ググってもすぐにどんなプラグインを使えばいいか教えてもらえます。

最初は「Quick Adsense」というプラグインを採用

いろいろあるプラグインの中で、まず僕が選んだのは「Quick Adsense」というもの。

なんせクイックなんだから使い易いのでしょう。Google Adsenseは1投稿に広告が3つまでという制限がありますが、このプラグインは数種類のAdsenseのタグを登録し、表示する場所や種類(単一の広告なのか、ランダムに表示するのか)を指定ができ便利です。

これを使って、サッサと審査を通過することができました。

おや?ピンチ!サイトが動かない!

ただ、いろいろでき始めると僕の中のカスタマイズの虫が目覚めてきます。

各記事に「WP Social Bookmarking Light」というプラグインを使ってソーシャルブックマーク(ツイッターやフェイスブックの「いいね」など)を表示してますが、これだととても貧弱。もっと大きいボタンを表示したくなりました。

そこで「忍者おまとめボタン」というサイトを利用して、お好みの(大きいボタンの)ソーシャルブックマークタグを取得しました。

Adsenseタグの下にこのブックマークタグをコピペしてしまえば、そのまま表示してくれるのだろうと考え(このへん素人の大胆さです)、「Quick Adsense」にセット。

まんまと表示に成功し満足な僕。出来る自分にうっとりしてました。

そしてよせばいいのにこのプラグインをいじって、広告を左に寄せたり、中央に持ってきたり、満足がいくように散々いじりました。

すると「Set」ボタンを押してもなかなかサイトが反応しない。ずっと通信中の状態です。ぜんぜん「Quick」じゃなくなって段々心配になってきました。

待ちきれなくなって、禁断のブラウザの×印を落として再度立ち上げようとしましたが、なかなか僕のブログが表示されない。もう泣きそうです。

ブログツールの「WordPress」が壊れたのじゃないかと思い、これまでの投稿がオジャンになってしまうのではないかと心配は募ります。

やっとトップページが表示されたので、とっとと「Quick Adsense」は停止しました。

次は「AdSense Manager」に挑戦

「Quick Adsense」は諦めても、Google Adsenseを諦める訳にはいきません。

そこでググって次に人気のありそうな「AdSense Manager」というプラグインを使ってみることに。

インストールして設定しようとすると「投稿」の場所の「Ad Units」というところで操作するんですね。

2012 08 01 1722

いろいろ設定してみました。

2012 08 01 1724

でも、このプラグイン、ここで設定は出来ますが、このままでは記事に広告は表示されません。

ここでは「ad-1」という広告を設定しますが、設定した後、「ad-1」を表示するためのタグを各記事に書かないといけません。面倒臭せぇーーーーーーーーーーーーーー!

ということで、良い方法は無いかとさがしたら、テーマ編集から「single.php」にタグを書き込めばいい、とのこと。簡単に言われても、僕は初心者。どこに書き込めば分かりません。

失敗するとタイヘンなので、テーマの「single.php」を一旦コピーして保存しておいて(失敗した場合にすぐに戻せるように)から、テキトーにタグを書き込みました。

以外や以外、これが上手く行きました!調子に乗って「忍者おまとめボタン」のソーシャルブックマークタグとリンクシェアの広告タグも書き込んじゃいました。

2012 08 01 1728 1

するとほら、

2012 08 01 1730

見事に意図通りに表示することができました。

ただ、この方法(タグを書き込む場所)を覚えてないと、テーマがアップデートした際に、上書きをされ、また戻ってしまいます。そうならないいい方法はないかな?

このブログを始めて良かったことは、自分の責任においていろいろいじくり、失敗しながら仕組みが学べることですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です