ランチャーアプリQuickaがどうして便利なのかようやく分かったよ

Quicka App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥85

こんにちは!多くの人がいいというものは、大概いいものと最近気付いた、ろびっちです。

僕は皆さんよりもだいぶ遅れて無線LANというものを体験しました。PCはLANケーブルをつないでケーブルの届く範囲で使っていれば良いと考えていました。

なので妻が自分のPCを繋いで作業する時は、僕が使えなくてもなんの不満も無く、そういうものだと思って生活してました。

しかし、ようやく無線LANルータを自宅のリビングに設置してみて、PCがLANケーブルから解放されたときの便利さ(思いもしない快適さがやってきた!)は筆舌にしがたいものがありました。

やっぱり、「世の中の多くの人がいいと騒ぐものは大概いいんだ。もっと早くしておけばよかった」との考えがインプットされた瞬間でした。

自宅のネット環境も現在はADSLなので光回線にしたらさぞ凄いことになるのでしょう。

最近、同様の感動をとあるアプリで感じました。

ランチャーアプリってなんなのよ

よく先輩ブロガーのアプリレビューを見てると、ときどき「ランチャー」がどうのこうの、凄い便利でどうのこうのって言ってましたが、なんのことか分からなかった。

また、流行もの好きの頭のいい人たちが、勝手に騒いでいるのかと思ってました。

だって、アプリって単独で完結しているものばかりでしょう!カレンダーしかり、メモしかり、タスク管理しかりetc.

それをアプリで連携して便利になることの意味が分からなかった。

Urlスキームがどうのこうのって、僕の40年を越える人生で初めて聞いて、なんのことやらわかりませんでしたので、あえて触らない部類においときました。

でも、どうしても気になるし、85円だし、Quickaというアプリを試してみようと思いました。

結論はすげぇー便利

例えば、あらかじめ必要な設定をしておく必要がありますが(それがUrlスキームと呼ばれるヤツらしいのですが)Wikipediaで調べものをしたい時、これまでは、

  1. Safariを立ち上げる
  2. ブックマークからWikipediaを表示させる
  3. 検索窓に調べたい単語を入力する
  4. 検索結果が現れる

でしたが、Quickaを使うと、Safariとの連携で、

  1. Quickaを立ち上げる
  2. 検索窓に調べたい単語を入力し、「Wikipediaで検索」を押す
  3. 検索結果が現れる

となります。

まあ、手順がひとつ省かれるだけですが、これが非常に便利に感じられる点です。

同様に、事前にUrlスキームを登録しておくと、

  • 「withEver」との連携で、Evernoteのノート検索
  • 「map」との連携で、現在地からの行き先までの経路検索
  • 「ぽすとん」との連携でツイートとフェィスブックの近況の同時投稿
  • 「OmniFocus」との連携でタスク追加

などが、Quickaを使うことで出来てしまう。驚きの機能です。

それも、ここでの「withEver」や「ぽすとん」などのアプリはiPhone内のどこに置いておいても、Quickaは連携してくれるので、Quickaさえ使い易い位置に配置しておけばいいわけです。

僕は現在Quickaをドックに置くことにしました。

ぼくが登録したUrlスキームはこんな感じです。

IMG 2003

もし、使ってみようという方がいらっしゃるかも知れないので、僕が追加したUrlを書いておきたいと思います。

どうぞ一度使ってみて、快適な検索生活を送ってください。

withEverで検索

withever://search?<@>

ぽすとんで投稿

postonly://?post=<@>

OmniFocusでタスクを追加

omnifocus:///add?name=<@>

Tweetbotを検索

tweetbot:///search/?callback_url=quicka://&query=<@>

 

Quicka App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥85

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です